高難度ビルトイン食洗機交換工事

スタッフ1号です。今回は難度の高い工事をアップします。まずは下の写真から。

今回のビルトイン食洗機は、キッチンのシンク天面から食器の出し入れをする珍しいタイプの商品です。現在ではどこのメーカーも製造してませんので、何とかして新しい食洗機と取り替えなければなりません。まずは製造メーカーである三菱電機さんにいろいろと相談をさせて頂きました。当然、撤去後のカウンター部分にはぽっかりと穴が開きますので、カウンターの穴をふさぐ材料を思案していたのですが、なんと三菱電機さんが部品として販売しておりましたが    生産完了から年数が経つので在庫があるか問い合わせをしてもらうと残り僅かとのこと。さっそく手配を致しました。今回取り替えするのは、パナソニック製の奥行60cmの交換用タイプの商品となります。まずは既存の商品の撤去からです。

食器の出し入れをする蓋を外してシンクの固定ビスを外して手前に取り出せるように準備をします。次にキッチンの前扉とコントローラーを外します。    食洗機本体下の台を外して本体を給排水と電源から切り離します。右の写真が本体が手前に取り出せる状態になったところです。ここからがなかなかと大変な作業となります。

キッチンのシンク右側の横板を取り除かないと巾450の食洗機を収めることが出来ませんので横板を丁寧にマルチカッターを使って少しずつ取り除きます。中央の写真が横板の撤去後です。そして新しく収める食洗機の脚部位置に併せて底板をマルチカッターを使って4か所長方形の穴を開けます。底板を食洗機部分全部開口すると確実に強度が落ちるため最低限の開口にします。

取替前の食洗機を外したあとの穴を塞ぐ部品(ブルーなのは養生です)を取付し、新しい食洗機を取付し給排水と電源を繋ぎ、最後に試運転をして今回の工事は完了です。施工時間は4時間とかかってしまいましたが、事前調査から、段取り、工事完了まで勉強になりました。I様ご用命ありがとうございました。

 

関連記事

カテゴリー

最近の投稿

PAGE TOP